• 弁護士が利用するなら専門の電話代行業者を選ぶべき

    電話代行業者を利用する弁護士は存在します。

    日本経済新聞の最新情報を掲載しています。

    個人で活動している方で、事務員を雇う余裕がない方に利用されることがあります。弁護士は、裁判所に行ったり、クライアントと打ち合わせをしたり、その他の情報収集のために外に出払っている時間が多い職業です。


    そういった時でも、事務所には相談希望の電話や、裁判所からの連絡があることがあります。


    そのため、留守中の電話の言伝をする人物が必要となりますが、事務員がいないとそれができません。


    そこで電話代行業者を利用することになります。
    電話代行業者はいろいろな業種の人間が利用するサービスですが、弁護士向けに専門のサービスを提供している業者もあります。

    有望な電話代行の情報を得られます。

    弁護士が電話代行業者を利用するなら、こういった専門の業者を選ぶべきです。


    その理由は、専門であるため、かかてきた電話を的確に伝え聞くことができるからです。
    法律事務所にかかってくる電話は法律用語が用いられることが多いですが、それについて何の知識もない人間が応答すれば、適切に言伝をすることができなくなります。

    その点、専門用語や、業界の決まり事などについてきちんと教育を受けた人間が応対する専門のサービスなら、そういった問題は起こりません。



    通常のサービスと比較すると費用は高くなりますが、事務員を一人雇うよりは格段に安いです。料金体系は業者によって異なりますが、電話を受けた回数で課金するタイプや、一月定額で利用するタイプなどがあります。